« ハヤテのごとく! 舞台挨拶行って来た(ちょっとネタバレ) | トップページ | 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 ネタバレ感想17 »

「CHRONICLE」は、日本語に訳すと「年代記」

そう言えば。
どうして、「鋼の錬金術師 CHRONICLE」なんて名前にしたのかなぁ。
全然「CHRONICLE」じゃないのに。

「chronicle」(プログレッシブ英和中辞典(第4版))
1 (…の)年代記, 編年史((of ...));((広義))歴史, 物語
2 ((しばしばthe C-))(新聞紙名につけて)…新聞.
━━[動](他)…を年代記に載せる, 歴史にとどめる, 出来事を年代順に記録する.
[アングロフランス語←ギリシャ語chronika(年代記)+-le(指小辞)]
-cler
[名]年代記作者[編者];(事件の)記録者.


「年代記」(デジタル大辞泉)
歴史上の出来事を年代順に記したもの。


「編年史」(デジタル大辞泉)
編年体で書かれた歴史。


「編年体」(デジタル大辞泉)
歴史記述の形式の一。年月の順を追って事実の発生・発展を記述するもの。
中国の「春秋」に始まる。→紀伝体(きでんたい)


どこをどう切っても「CHRONICLE」と言えば年代順に並べた記述物を差す言葉に他ならない。

レイ・ブラッドベリィの「火星年代記(原題:The Martian Chronicles)」ってSFがあるんだけど。
サブタイトルにまんま年月が付いており、1999年1月ではじまり2026年10月で終わる。

そんな風な作りを想像していたんだけどなぁ。
2001年から順に毎月のガンガン情報を掲載。コミックス情報、グッズ、メディア展開情報を紹介。
そんな風に「情報」が掲載されると思ってたんだ。

はじまりは、出来れば2001年の7月号がいい。
予告に描かれた初イラストを惹句込みで掲載。
完全版のカバー裏のようなラフを、連載開始前の下村さんとのやりとりFAXで紹介。
そんなのがあれば楽しかっただろう。

2001年8月号。
連載開始の月。
記念すべき第一回のガンガンの表紙を掲載。当時の扱いが分かる。
第1話のタイトルとそのダイジェストを紹介。
荒川さんの当時のコメントや、表紙イラストに入った惹句を掲載。
補足に他のガンガン掲載作品が載るとその頃のガンガンのラインナップが分かって面白いかも。

2001年9月号、10月号・・・。
そんな風に掲載されるものとばかり思っていた。

ガンガンでのアニメ決定の一報。
カラーページに掲載された声優やアーティストのインタビュー再掲載(ここに描かれていた荒川さんのイラスト、取りこぼされたままになってた気がする)。
封入CDまで再録されていれば尚嬉しい。
本当は当時のガンガンやコミックスのCMやWEB掲載の動画が収録されたDVDなんてあるとさらに嬉しいのだけどね。
無理ならせめて情報だけでもあれば楽しい。

コミックスが出た月には、コミックス情報。収録話、ダイジェスト、カバー裏、初版刷部数。コミック連動企画の全プレ。カバー付録キャンペーンもあったよね。
販促用配布イラストに立て看板や販促ポスター。お試し用小冊子。

グッズが発売された月にはグッズの紹介。
「シンプルな人々」や「それもまた彼の戦場」だけではなくフィギュアも一緒に公開。

複製原画展、ダ・ヴィンチやぱふの特集紹介や、マンガ夜話の情報だって掲載して欲しかった。

それらの「情報」をすべて、年月別に掲載し。
インタビューは、それらを前において、その年々に絞った話を語る。

描いた時期と発表時期のズレがあるから挿入箇所を決めるのが難しいものはあるかもしれないけれど。

全てが整理整頓されたデータベースとして。
いわばアルバムやスクラップファイル。江戸川乱歩の貼雑年譜のような?
その年のページを開けばその年のその頃の記憶がふわっとよみがえるような。
「そうそうあの頃はそんな事があったよね。懐かしいなぁ」って思い出せる。
そんな楽しみを「CHRONICLE」で味わいたかったなぁ。

寄稿イラストや対談記事やプロトタイプは、2011年連載終了後のページに掲載すればいい。
そのうえで、今を語るインタビューを最後に載せる。

キャラクター紹介なんて、今さらどれだけ新しい情報があんのよ。
マンガを読んでない人間がこんな本買うわけないんだから、そもそも必要ないでしょ?

全てが雑然と掲載されているので、その中から何かをピンポイントで探しだすのは結構時間がかかる。
本来の「CHRONICLE」とは程遠い。

巻末にはおまけとして、年代史一覧リストや、用語辞典を掲載するとしても。
その中ではきっちり、錬金術用語の設定解説が欲しかったな。

リザの刺青とロイの手袋の違いの意味。スカーの刺青の意味。
アルの血印が「creation(創造)」の記号でありながら「定着」でしかなかった意味。
アームストロングの手甲の記号の意味。
錬金術に頼らない指導をするイズミが、フラメルの十字架(=賢者の石)を身につける意味。
プライドには何故ウロボロスのマークがないのか。
真理の扉とは結局なんだったのか。
ホムンクルス達の特異の意味。
地球をひとつの生命と考える云々の解説。

「いやー、うっかり回収するの忘れちゃったんですよー」や。
「実は特に意味は考えてなくて」でも、「途中で変更してしまって」でもいいから。

最後に自分のケツは自分で拭くくらいの事はして、後を濁さず終わらせて欲しかったなぁ。

« ハヤテのごとく! 舞台挨拶行って来た(ちょっとネタバレ) | トップページ | 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 ネタバレ感想17 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「CHRONICLE」は、日本語に訳すと「年代記」:

« ハヤテのごとく! 舞台挨拶行って来た(ちょっとネタバレ) | トップページ | 鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 ネタバレ感想17 »