« カフェ・シーラカンス チャリティーバザー | トップページ | 明日はコミケ »

ダンタリアンの書架(ネタバレ)

鋼とは関係ないネタ記事です。

ダンタリアンの書架の4話が笑えた~。
もともと、ビスクドールのような少女と背の高い青年 って構図が好きなので観だしたんだけど。
いや実は内容よりEDの映像がツボで、その為に観ている状態というか。
という前振りはさておき。

元ネタはミザリーって感じ。
  
ある小説の大ファンの女性が、外に向けては妻を名乗り、作者を監禁。
自称妻はお気に入り男性キャラ二人の間の恋の行方が気になっていたのに、書きあげられた最終巻の内容は、1人が死に、もう1人はどこかの馬の骨の女性とひっついてしまうEND。
それが不服で書き直しを要求。
どんだけ~(笑)。
 
しかも、作者には恋人がいるんだけど、恋人を殺すと作者がよみがえり、作者を殺すと恋人がよみがえる、ひとつしかない魂を使って交互に生き返る。
それってば水島版最終話??? 見たいな?(笑)
 
最終的に自称妻は殺されて、作者も恋人も死ぬのだけど。
  
メインキャラの少女ダリアンは自称妻とは別カプ萌えだったんだけど、書き直された最終巻を読んでみたらダリアンお気に入りの二人の男性は、やっぱり片方が死に、片方はどこかの馬の骨女とデレデレENDで、それが気に入らなくて、こんなんいらんわ、と原稿を捨てて二次創作を書く事を決める。

いやぁ、これぞ正しい腐女子のあり方っ。

……って、いったい、どんな話だよこれっ!!!

そういえば本のタイトルが「狼たちの帝都」らしいんだけど、昔「花と狼の帝国」って第二次世界大戦中のドイツを描いたマンガがあって、あれもBL臭漂ってたうえに未完(別に作者は死んでないよっ)なんだよなぁ、なんて思いだしてしまった。

« カフェ・シーラカンス チャリティーバザー | トップページ | 明日はコミケ »

コメント

ネタバレと書いてあるのにうっかり見る前に読んでしまいましたよ(笑)

EDの映像って手のところ?
1週前にあった特番があまりにもイラッとくる放送だったので、見るのやめようかと思ったんですが、第1話を見たら普通に好みだった。
とはいっても、実はあんまり内容を理解できてないんじゃなかろうかと毎回思ってみたり(笑)

アメショーさま
えーっ、ネタバレって書いたのになんてことをっ。

EDの手、いいですよね。機械鎧みたいでw

いや、そこも勿論好きですけど。あーいった雰囲気が好きなんです。
ピエロとか、大人びた化粧の少女とか。
不気味一歩手前、グロテスク二歩手前。
サントリーローヤルのランボォ編と言われているむかーしのCMとか、結構ツボ処なので。
 tp://www.youtube.com/watch?v=hy-z421FwGQ
その系譜っぽい雰囲気が気に入ってるんです。

子供達の話とか変でしたよねぇ。最後放置って…(笑)。
ダリアンの、自分のお気に入りが手の中にあれば、他はどうでもいいという割り切りっぷりがいっそ小気味いいかも、とか思って観てます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンタリアンの書架(ネタバレ):

« カフェ・シーラカンス チャリティーバザー | トップページ | 明日はコミケ »