« ねんぷちレビュー | トップページ | 11.5巻 入りません??(笑) »

2011/08/02

クロニクル読んだ

感想羅列~。

まあ私が書くことなので、ツッコミ(愚痴含む)メインすよ

【追記 8/3 1:11】
最後のインタビューと描き下ろしマンガの感想が抜けていたので付けたしました。

   
起点
・そこ、北方謙三入らないんだ?
・「錯乱坊」だろそこはっ。マンガ編集部が何やってるっ
・昔はそうまでして描く場を求めてたのに、それにはすごく敬服するのに。今じゃ「まだ描かせる気か」だものなぁ

鋼時点 アル
・アルへのコメントってこれだけ? なんかありきたり。なんか愛がない……

コメント
・荒川UBの鉄仮面の双子かとっ(笑)(綾崎廉)
・猫ミミ!(水野英多)

キャラクター
・いやそこじゃなくて、何故フラメルの十字架なのかが知りたいっ
・で、結局機械鎧を変える前から身長が伸び始めてた理由は?
・だからシャオメイをロイの顔に貼りつかせたのか
・十数キロだって自覚はあったんだ? 分かって描いてるのかなぁと見てるこちらが首を傾げてたのだけど
・だからさぁ、そういうエピソードを描くか。さもなくば描かなくともそういう事があったと思わせるニュアンスくらいは物語の中で提供してくれよー
・責任を感じてたけど。息子に手を下させたって事実はいいの?
・だからその「いっそアメストリスの人々のために」まで辿り着く工程があってこそ理解出来るんだってば
・ロイには生きている人の思いを優先で、エドにはすでに死んでる人の思いを優先? 生きた人間より死んだ人間の尊厳を守る事は後退じゃないの?
・信頼している人間としか利害関係を結ばないって軍人含む???
・なんか体よく、スカーが殺人鬼だった事が忘れらされているような……。彼に償いの意識も機会も無いの?

対談(スクエニマンガ家)
・んで、※8の次の※5って結局何?

対談(荒木)
・「バオー」のラストは好きでした、うん
・意味もなく生き延びるのはダメなのかなぁ

対談(声優)
・別に「死にたくねェ」が悪いとは思わないけど。「やっと会えるよ」とか「待たせたな」とかそっちの言葉がないのがなぁ。やっぱり別エピソードにしないで、墓でトリシャに再会させた方がしっくり来たよなぁ
・くぎみー、対談中泣いたんだ…

鋼事典 来るべき日
・人間にしか真理の扉は存在しないって定義はどこへ?
・お父様の定義する神とは、宇宙の情報なの? 世界の真理なの? エネルギーなの?
・日食が「完全な存在」を表すって、それ伏線は張っとこうよ
・真理の扉を開くと何故神の力が手に入るの? だって真理って「自分を映す鏡」なんだよねぇ?
・何故5人だったの? そこに意味はあるの?
・「反発」させあうと何故星の扉が開くの?
・「さらに」っていや、神の力とやらを手に入れるより先に賢者の石作ってるよね? 抑え込む為だけに使われてたって初耳なんですが? てことはお父様が力を手に入れた時点ですでに死亡してる可能性が…

物語1
・「自分を映す鏡」ならなぜ、自分以上の知識を持つの?
・真理が人間を見ているって言葉に違和感。人なら見てれば情も湧くし手助けしたくなる。真理を自然と置き換えられるというのなら、自然はただそこにあるだけで己れの摂理にのみ則って動くから、だから人間に対してどんな振る舞いも縦横無尽なんじゃないの? 
・その台詞のチョイスは好きだった。だけど。そうやってどっちに転んでもいいような事をするから、結局どんづまりになったんだよなぁ
・こいつもアイデンティティか。なんだかアイデンティティがお安いなぁ
・それはFAの改変あってこそであって、マンガ上では尊厳て感じ無かったんだけど
・いや、普通に強いと思ってたでしょ? でなきゃラスト戦のない水島版でファンは付かないよ
・そもそもエドを軍属(=人殺し)に放り込んだのは作者では

物語2
・真理が「自分を映す鏡」設定なら「真理の野郎をぶっとばす」ってどういう意味になるんだ?
・説教臭くはないけど、説法臭い(いや、仏教じゃないけど)
・イシュヴァール戦では、自分達の民族だって本来なら普通の小さな子供達が銃を持ってアメストリスに対抗しようとしていたんじゃないの? そんな、そんな理由でスカーが慄いていたなんて思いたくないよー。せめてそういう子達と重なって見えたとか(あ、そりゃ水島版のロイか)、さもなきゃウィンリィの表情とか震える手とか、そういう処から来てるんだと思ってたのにぃ
・だから何故エドは、アルには賢者の石を使えな……もう、いいよ……
・物事を様々な側面から描くのは分かる、でも掘り下げなきゃ散漫になるだけだよ
・銀英伝曰く「人の命より大事な物があるという考え方と、ないという考え方…人類は戦争を始めるときに前者を理由にし、やめるときに後者を…」。感情というよりむしろ、そういう言葉を吐く時にどちらが自分にとって都合がいいか、な気がする

物語3
・石は石でしかなく。それを使う側がどう思っていようが、その魂を使う事には変わらない。それは使う側が嫌な思いをしない為の詭弁ではないの? そのうえで尚、アルは使う覚悟を決めたと思っていたのに……
・作者の中のもやもやはもう無くなったんだ……orz
・今…さくっと、水島版を真っ向から否定しなかった???
・扉を開けて生還出来た人が、窮地に立たされても逃げない強靭な心を持っている、ってそれどこかにありましたっけ? 
・そもそも扉をあけた人って禁忌に対する抑止力の無い人じゃないの? 「窮地でも逃げない」? 死から逃げただけでしょ。 「強靭な心」? 弱かっただけじゃん。半分生還のアルの扱いはどうなの? 意味わかんないよ
・だからそういうのは本編中で説明してください
・マンガって誰もが同じようにコツコツやっても、時代の流れとかで必ず同じ成果がでるわけじゃない。じゃあやっぱりここで言ってる仕事って農業か
・あの手を伸ばすってそういう意味だったんだ。これも水島版への反発なのかなぁ(水島版最終回はエドとアルが太陽に手を伸ばし、もう一度太陽(=神)に挑む)
・別にあの時のエドはアイデンティティの崩壊とか感じてなかったもの。だから違和感があるんだってばぁ
・いや、未来を見せられたらもう想像しろと言われても…
・結局原作のハボって賢者の石がなくてもリハビリで回復可能だったって事? じゃあなんで退役したの?
・皇帝って長く世を治めたいが為に賢者の石を欲したんじゃなかったの?

対談
・アレ? ガイナだから観たんじゃないの? 中島っていうより、ガイナックスファンだよね
・「オレ達との~」って台詞は恰好よかったよ、うん。で最終話でその「格の違い」って見せたっけ? → 弱った奴をタコ殴り
・(ち、こいつもニーナかよ・怒) とか思ったのかな(笑)
・禁句にして台詞は封じ込めちゃうんじゃなくて、「明日は辛いよ」「でも明後日は違うかもしれないじゃん」はダメなの?
・そうか。「それでもどうしようもない感情」ってものを荒川さん自身が持たないからあっさり改心するのか スカー然り、ロイ然り。初期のエドの何が何でも元の身体に戻りたいと思うその「どうしようもない感情」に揺さぶられて鋼ファンになったのに。これじゃあ私の好きな鋼が無くなってしまったのは道理だよ。初期はあんなにそれが描けていたのに何故荒川さんの中から無くなってしまったんだろう。
やっぱり荒川弘は二人いる(爆)

そして旅路の果て
・いや、そこ本来賢者の石無いし、持ってったのゴリさんだからっ(笑)
・分かります。107話の引きですね
・揺るがせにしてはいけない部分は本来もっとあったのでは?
・それでは、身をもって経験した人に「しか」伝わらない。「敏感になってる」って情報の提示にはなってない。「実録」マンガじゃないんだから。もっと表現を工夫しようよー
・ラースは奥さんの事は大事に思っていた。その時にだって憤怒の感情は忘れていたんじゃないの?
・最初は人柱を使う予定はなかった。そうだろうとは思ったよ? けど、荒川さんはそれを裏付ける伏線を置いてくれない。それじゃ単なる裏設定。だからお父様が何をしたかったのか、してきたのかが見えないから、行動に一貫性が無く見える
・プライドじゃなくて、エンヴィーの本体の説明が欲しいんだけど
・お父様って自分の中の「七つの大罪」を切り離したんじゃなかったの? なぜまだ「傲慢」が残ってる?
・それって、赤ん坊に戻ったプライドの本質は今でも「傲慢」って言ってます????
・あくまでも2009年秋頃に終わらせる予定だったことは無かった事にしたいん?
・「兄さんも僕のそれだけじゃないんだよ 見てみたいんだ 世界の広さを」の台詞は原作最終話から改変された中でも気に入っている処なのだけど。それが荒川さんの指示だったって事は……まだ少しは荒川さんに期待していいってことなのかな
・でもなんか変だ。原作者の指示って、原作を改変するに当たり「ここは変えないでくれ」っていうのは聞くけど、「こう変えてくれ」って……。それは監督や脚本家や演出が決める事であって、原作者が口を出す処なの? って処に違和感が…

描き下ろしマンガ
いやまぁ、確かにどこにも鋼とは描いてなかったものな。
けど普通、鋼のクロニクルで描き下ろしって言われたら……ねぇ。
4コママンガが2ページあったからいいけど。
まさか実録マンガに4ページ使うとは思わなかったよ。


なんだかな。
こちらが思っていた以上に、台詞に意味が無…(げふごふ)、キャラクターがうすっ(はっくしゅんっ)……だったんだな。
この台詞ってもっとさらに意味があると思ってた、とか。
それは作品中できちんと示してくれ、とか。
そんなんばっかになってしまった…。
  
こちらが期待していた疑問に対する回答は無く。
疑問点洗い出し参照
ぶすぶすと燻ったものは消えないまま。

結局、お祭りは前夜祭、プレゼントは開ける前、伏線は回収前が一番ワクワクするって事か……orz

|

« ねんぷちレビュー | トップページ | 11.5巻 入りません??(笑) »

0100 鋼原作感想」カテゴリの記事

コメント

今回のファンブックは文字抜けや誤植が多いみたいです
自分は再版を待っているのでちょっと羨ましいです

投稿: 通りすがり | 2011/08/02 21:32

>通りすがりさま
誤記は結構読み飛ばしてるかも。
さすがに、プロトタイプの掲載年が2010年になっていたのには失笑しましたけど。
再販待ちですか。今回は回収されないようですから、再販まではちょっと時間がかかりそうですね。

投稿: りほ | 2011/08/08 03:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28666/52374906

この記事へのトラックバック一覧です: クロニクル読んだ:

« ねんぷちレビュー | トップページ | 11.5巻 入りません??(笑) »