« UN-GO「第10話 海勝麟六の葬送」 ネタバレ感想2 | トップページ | UN-GO「第10話 海勝麟六の葬送」 ネタバレ感想4 »

UN-GO「第10話 海勝麟六の葬送」 ネタバレ感想3

麟六の車からの逃走方法思いついた。

腑に落ちるとかそういうのとちょっと違うというか。いや、腑には落ちるんだが。むー。

麟六が、真実は目に見えているのに隠していると思う人間がいる云々の演説をしたばかりなのだから、ここは別天王の力を使わず物理トリックで逃走した方がエレガントだろうとか。
自分が嵌められた方法を模倣して見せ付けているのかもしれないとか。
そういう余計な思考から思いついたってのもあるし。

うーん、自分、謎解きの切り口を見つけることは出来ても、そこから先を想像した物語は外す傾向が強いので。安楽椅子探偵シリーズなんて一度も犯人当てた事ないんだよねぇ。
そういう意味では大いに外している気もするのだけど。


とりあえずひとつの方法として。

確かに見えているはずの人が本当はそこにいないって方法。
別天王を使わなくとも、ひとつ提示されていたね。

ドルプリ。アイドルアプリ。

人間と見分けが付かないくらい精巧に出来ているデータ。
前後左右どこからでも見ることが出来る。
しかも、夜長姫をドルプリに落とす事が出来るってことは、実写をドルプリに落とす事が出来るって事。
誰かが触れさえしなければ誰にもバレない。

これが、車に乗り込んだはずの麟六が変装して別の車で移動出来た理由だとしたらどうだろう?

その場で麟六に触れた人間はいない。何せ公共保安隊が防御してくれましたからね。
ならばあれが本物の麟六だったとは限らない。
また、別天王では無理だけどドルプリなら、離れたところから操作する事で、タイミングを合わせて鼻歌を歌わせる事も多分、出来る。

9話で新十郎が、「別天王を使えばどんな嘘でも真実に出来る。海勝がそんなものに頼るような奴だったとはな」
と言ったのに対し因果が「それではお前は勝てない」と答える。

やはりここは「海勝はそんなものに頼るような奴じゃなかった」というオチが美しいのではないかと。

ただ一番の問題は。
販売されていたドルプリは眼鏡を使わないと見えないってこと!
でも。
現実世界でも、3Dテレビだって最初は眼鏡がないと見えなかったのに、今は眼鏡無しのものが開発されている。
存外もう出来ていたりするんじゃないかと。

それを疑う理由としては、ドルプリの追加データが検察庁 連合調整部に押収されたこと。
6400015


表向きは追加ボイスが夜長姫だからって事による情報拡散防止法によるものだけど。
その時点からひそかに開発が行われていたかもしれないし。
だって。「ブルーライトヨコハマ」のブロックは途中で諦めちゃってたもの、麟六。
これだけ全て先読みの出来る麟六が、新十郎の動きに気が付いていなかったとは思えない。

また、9話まで小山田の社長室に山積みになっていた基盤の入った段ボールが、10話では一切なくなっていること。

2話
6400012

9話
6400010

10話
6400011

ドルプリの追加データが押収された時ですら、社内には基盤がまだ山とあった。
あれぜんぶ、JJシステムが権利を買い取ったんんじゃない?
小山田は歓楽街にいたところを新十郎に捉えられたよね。今まさに懐具合がほくほくだったって事かもしれない。


とまぁ広がるだけ広げてみましたけど、うーん、どうでしょ。

« UN-GO「第10話 海勝麟六の葬送」 ネタバレ感想2 | トップページ | UN-GO「第10話 海勝麟六の葬送」 ネタバレ感想4 »

コメント

はじめまして。
先月末辺りから拝読させていただいております。
ハガレン考察はじめ、作品の奥の奥まで思考をめぐらした記事の数々、本当に凄いと思います。

私も、UN-GO、ハガレンともに大好きです。(一期も二期もミロ星も)


車爆発からの脱出というか偽装、ずっと考えていましたが、ドルプリとは盲点でした!
9、10話で今までのファクターをすごい勢いで回収していっているので、ドルプリは十分アリですね。

ドルプリだとするならば、麟六の鼻歌が夜長姫のものだったというのも、彼が新十郎に送ったヒントとして最適ですよね。

ただ、確かに専用眼鏡の点では弱いかも・・・
確かに近未来設定だから、めっちゃ精巧な立体映像の技術とかは普通にありそうですけどねえ。


大穴で、駒守が協力して動かしたR.A.I.だったとかはどうですかね。

>江楠さま

はじめまして。
他の記事も読んでいただいたそうでありがとうございます。
鋼もお好きなんですね。嬉しいなぁ。誰ファンでしたか?

>ただ、確かに専用眼鏡の点では弱いかも・・・
そこなんですよね、ポイントは。
あまりにも「実は~」みたいな後だしジャンケンをされてしまうと興ざめになるので。
ここは綺麗な回答が欲しい処ですっ。

>大穴で、駒守が協力して動かしたR.A.I.だったとかはどうですかね。
(笑)
そうそう、それ私も考えましたー。
もういっそ麟六=R.A.I.でFA、みたいな(笑)
でも風守は自分が最後のR.A.I.だと言っていたので。
風守は嘘を付けない事を前提条件とした生き物(?)なので無理かなぁとか。
あと中身は移動できてもボディは残っちゃいますからね。
熱で蒸発するボディとか考えないといけなくなりますから。

難しいですね。

 お返事ありがとうございます。

 あー、そうかライは風守で最後でしたね。
 こうなるといよいよ別天王の幻覚に頼るしかなさそうw

 ていうか謎云々より、あと一話でUN-GOが終わってしまうのが寂しいです。


>鋼もお好きなんですね。嬉しいなぁ。誰ファンでしたか?

 ハガレンのキャラでは、エドとアルは別格として、ランファンが特に好きでした。
 ああいう健気な女の子の姿には弱いです。

 アニメ一期のラースも好きだったので、2期のランファンのキャストには驚いて、でも嬉しかったですね。
  

 本当に素晴らしくまだ掘り下げる余地のある原作だと思うので、また何年後かに新解釈でアニメ化してほしいです。
 

>江楠さま
お返事が遅くなってすみません。

最終話で新十郎が謎解きをしたものの、どうにも腑に落ちない点が多々残っているような気がしています。
それが単なるミスだったのか、それとも敢えて残した穴なのか。
これは、會川さんの小説で確認するしかないのかなぁと。

ランファンがお好きなんですね。
それでは、BDorDVDはお求め済でしょうか?
TV版とDVD版の検証記事をちょっと上げていますが。
ランファンは特に大きく改変されている話数があってTV版よりすごく可愛く描かれているシーンがあるんですよ。
http://arisugawa.cocolog-nifty.com/alice/2011/05/tvdvdargent-0af.html#more
お見逃しなくっ(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UN-GO「第10話 海勝麟六の葬送」 ネタバレ感想3:

« UN-GO「第10話 海勝麟六の葬送」 ネタバレ感想2 | トップページ | UN-GO「第10話 海勝麟六の葬送」 ネタバレ感想4 »