« 年が明けましたね | トップページ | オトナアニメディア »

UN-GO「第11話 私はただ探している」 ネタバレ感想3

1日以降とかいって結局3日になってしまった。
すみません。表のサイトのCGIがやられてしまっていて、原因究明に2日かかっちまいました。

取り合えず。
頭から順番に書いていくと途中でつまりそうなので、書きやすい処から適当に。

■別天王vs因果
鋼アニメファンとしてはこれって嬉しいコラボじゃない?
あの化物大戦。
前半がFAの亀田祥倫さんで、後半が水島版の中村豊さんっ。
双方のアクションメインの原画マンさんの絵が同じ作品内で見れるなんて。
夢のコラボだわっ。
途中途中で筆が入る亀田さん、肌がぬめっとした感じ(シャンバラのグラトニーを思い出せっ)が中村さん。
 
原画厨ってほど絵に詳しくないんで自信なくて一応書く前に調べたら、やっぱりそうだった模様。
ようつべにしっかりあがってるよ。


 
 
 
■新十郎
藤津亮太さんが呟いていたのだけど。
因果論で自己紹介をする趣味はないと言っていた新十郎が、最終話で梨江に自分の過去を語るようになる。
なるほど、UN-GOってそういう物語だったんだね。
 
 
 
■PC
因果と別天王がいた家にあったPCって誰のなんだろう?
ガワがピンクじゃないから美音のじゃないよなぁと思っていたのだけど。
考えてみたら、普通仕事用とプライベート用って別だよな。
まあでも、美音か水野かのどちらなのだろうけれど。
(星玄ってことは無いでしょ。奴としては彼らとは無関係を通したいだろうから。
証拠になるようなものを置いていかないはず)
  
じゃあこのPCを見せる事で、視聴者に何を見せたかったのか?

URLを必死で読みとろうとしたけどこれじゃさすがに無理。画像キャプって拡大して見たけどダメだった。
画面の英語も「ENTER」以外はちょっと読めない。
唯一読めるのがブラウザのタイトルバー。つまり、サイトの名前。
6400018

「Hesperioidea」

セセリチョウ上科?
どうやらチョウ目の一種らしい。

つまりあれか。因果の食うミダマは見た目蝶に見える。
因果は別天王からミダマを与えられているという幻を見せる為に、因果にそれがどんな蝶に見えているか調べたって事かな。

あれ?
見せる必要があるってことは、別天王の手の平に見えていたあれはミダマではないって事になる。
でも最後に因果食ったよなぁ別天王のミダマを。てことはあれも因果は幻のミダマを食っていたわけか?

……ちょっと待て。

別天王がミダマだって言ったのは誰だ? 新十郎じゃないか。
慌てて録画を見直し。

新十郎の台詞。
「あいつは出来そこないのミダマ。別の名を言霊」。
そしてこの直後に別天王のアップ。

催眠術をかける方法を小説家が言っていたよね。
まず声を聞かせる事。そして別天王を視覚認識すること。


別天王とはいったい何だったのか?

「言霊なんてそんなにもまんまだったんかい(笑)」って友達と言っていたのだけど。
違うのかも。

別天王が何だったのか、それはもう今となっては分からない。
ただ新十郎はこの瞬間、別天王を言霊という出来そこないのミダマにしてしまったんだ。
因果に殺させる為に。

勿論、PCに蝶のサイトのトップページが映っていたは、単に美音が昆虫採集が趣味で、ただそれで見ていただけという可能性だってある。
別天王は新十郎が言った通り本当に言霊だったのかもしれない。

そこに証拠は無い。

« 年が明けましたね | トップページ | オトナアニメディア »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UN-GO「第11話 私はただ探している」 ネタバレ感想3:

« 年が明けましたね | トップページ | オトナアニメディア »