« ミロスDVD | トップページ | 鋼の錬金術師 感想 総まとめ »

「UN-GO 因果論」買った~

「UN-GO 因果論」買ったよ。
 

UN-GO 因果論 (ハヤカワ文庫 JA ア 6-1)
會川 昇
早川書房
売り上げランキング: 267

会社の最寄り駅に、アニメイトじゃないアニメショップが出来て、ノイタミナコーナーがちゃんとあって「あの花」や「№6」の小説も置いてあって、「UN-GO」のグッズも置いてあったから、小説も置いてあると思ったのに。
  
何故ない!!!!  まぁ別フロアで買えたからいいけど。
ということで。
  
おお、すごいっ!!
帯の推薦が大森望、解説が日下三蔵!!
  
文学賞メッタ斬りの大森望!! アニメにもミステリにも、ついでにSFにも強いと言えばこの人だよねぇ。
日下三蔵さんは昭和のミステリ強いし。
(わざわざ「「作家デビュー以前の北村薫が構成を担当した」創元推理文庫の<日本探偵小説全集>」」て書いちゃう処が日下さんだよなぁ。「UN-GO」観てた視聴者で北村薫が分かる人がどれだけいるんだか(苦笑))。
  
確かに「UN-GO」にはこの人達しかないって名チョイス。
   
まずは、今回小説版オリジナルの「日本人街の殺人」だけ読み終えた(原案:南京虫殺人事件)。
  
やっぱり會川さんだなぁって感じ。前に鋼でこんな記事を書いたんだけど。
鋼のこころのエドのこころ
変わってないなぁ、と思った。
偽りであっても手放せない。弱さとか業とか愚かさとか、人間のそんな処を、會川さんは愛しているのかなぁ。 
 
そして。「因果論」の冒頭だけ取りあえずパラ読み。
「日本人街の殺人」は三人称だったのに、「因果論」は一人称。一瞬、え?? と思ったんだけど。
 
ですよねー。考えてみたら「因果論」は三人称じゃ書けないわ、ええ確かに(笑)。

« ミロスDVD | トップページ | 鋼の錬金術師 感想 総まとめ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「UN-GO 因果論」買った~:

« ミロスDVD | トップページ | 鋼の錬金術師 感想 総まとめ »