« 6巻のネームのコピー | トップページ | 京騒戯画 »

BLゲーム

めっちゃくちゃ今更な10年前のBLゲームに萌えてしまいました。
いや、買ってないんだけど。

事の始めは、
セカコイと純ロマを久々に見倒す
なんかまだ物足りない
動画サイトで適当にBLアニメをサムネでチョイス
すべてグリリバが受けだった
しかもどれも好みだった
面倒なんで、BL・グリリバで検索
 
で、引っ掛かってきたのがコレ。

 

「神無ノ鳥」。
以下適当にネタバレ含んでます。


普段本当にゲームってやらないので知らなかったんだけど。
2002年の作品で。
ゲーム会社が倒産してしまったせいもあり、今密林などでは1万円以上の高値が付けられている。未だに人気の衰えないゲームらしい。
 
勝平ちゃんの受け受けし過ぎる声が可愛いんだけど癇に障るとか。
鈴の声が時々楽俊に聞こえてしまうとか。
森川さんの受け声は私的にはちょっととか。
色々言いたい事はあると思うんですけどね(笑)。

ストーリーが好みなんだわ。
一人クリアするごとに伏線が解けていく。
しかもそれはBADエンドについても然り。
だからこそ、Aルートを終えないと、Bルートが出来ないみたいな縛りがあって結構大変らしいんだけど。
全ルート終えて、最後の番外編ルート(分岐無し)まで見終えた時に全て繋がった時のうわーっとなった感じがちょっとすごかった。


ある実況動画のup主がコメントに「鬱」「犠牲」なんて言葉を使っていて。
納得してしまったわ。
何この、水島鋼を思わせるようなキーワードぉ(笑)。
 
やっぱこの手のものが好きなんだなぁ。
(しかも水島鋼と時期が近いってのは何かの符牒? この頃って「鬱」ネタの流行りとかあったっけ???・笑)


そして一番好みだったキャラは、やっぱりグリリバ演じるところのレンジャク。
しかもこれまたツボ処の、無表情キャラ(笑)。
GOODENDと言いながら、ハーフビターどころかクォータースイート?
3/4は苦い後味。
他のENDがラブラブで終る中、唯一、遠くほのかに希望が見えた処で終るせつなさが痛々しくてねぇ。まるで映画のラストシーンを見ているみたい。


また面白いのが、動画コメに「エロシーン無くてもいいんじゃね?」なんて書かれたり(笑)、BLゲームなのにノマカプがあったり。
エロの為のストーリー展開というより、むしろ(ルートによっては)ストーリーに唐突にエロが入っているようにすら見える。
絵も可愛いし、BGMがまたいい感じに盛り上げてくれてたりするし、全ルートリバ有りだったり色々趣向を凝らしているんだけど。
やっぱりストーリーがこのゲームの一番の要なんだと思う。
 
実況を3つくらい渡って観ていたんだけど、ノンケの男性ゲーマーの人が、あるルートのエンディングで明らかに泣いていたでしょって感じになっていたのがなんかすごいなぁと思った。ベタ褒めしてた。
 
そんなこんなで、試しに体験版が安かったので購入してやってみたんだけど。
やっぱり欲しくなってしまった(笑)。
うーん、どこぞの古本屋で市場知らずに安くおいてしまってる、なーんてことないかなぁ。

« 6巻のネームのコピー | トップページ | 京騒戯画 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLゲーム:

« 6巻のネームのコピー | トップページ | 京騒戯画 »