0300 鋼原作年表

2007/12/09

年表更新しました

コミックス派の方。
コミックス未収録分も掲載してますのでご注意を。
 
んでもって以下。 
コミックス未収録部分についてのネタですので、これまた、ご注意を。
 
年表更新しました。とりあえず11月号まで。
最新号は、次号で回収される程度の軽い引っ掛けとかあるとまずいので入れてません。
ってそれはいつものことですが。
 
さて。
更新しました。
けど。
すんごく難しいよ。牛様、ずっけーよ~(笑)。
 
えっとですね。例えばですね。
 
北の地で。
N日の夜にウィンが要塞に来て、バッカニアは先遣隊探しに地下へ潜り。
M日は朝にバッカニアが戻ってきて、オリヴィエが中央に召喚されて、午後以降にエドがスカー達に遭遇してます。

でも、バッカニアが戻ってきたのはN日から、24時間以上過ぎた日です。それがM日。 
ってことは。
M日は、最低でもN日の翌々日じゃなきゃいけないわけですよ。
 
ちなみに。
M日の「朝」って限定してるのは、オリヴィエが昼には中央に到着しているから。
それに午後は猛吹雪だから、オリヴィエの移動は午前中じゃなきゃ有りえないし。
 
北から中央への移動時間の割り出しは出来てないけど、バッカニアがオリヴィエに礼を言いにいったシーンは早朝っぽい背景だと思うし。
 
ということで。最低限でも。
N日 → N+1日 → M日 これは必須。
 
じゃあ、N+1日っていつ?? 何があった日なんだ??
 
もーね。これがわかんないですよ。
 
ウィンリィが要塞に着いた時点ですでに外は暗い。
なのにこの日は、ここからが長い。
 
エドもバッカニアも機械鎧の換装して、バッカニアは地下に潜って、エドはキンブリーから仕事の話をされて、アルとウィンリィに仕事を受ける話をして、オリヴィエがキンブリーの命令を受理する。
ここでやっと朝になって、スカー捜索隊出陣のシーンになる。
 
君たちなんだってそんな夜遅くまで仕事してるのさ。
 
だから、エドがアルとウィンリィに仕事の話を告げた後、エドはキンブリーと作戦を練り。
翌日、キンブリーがオリヴィエに願い出た、ととるのが適当なのかな、と。
 
牢屋を出る際はキンブリーと同行したエドが、オリヴィエの前にはいなかったし。
レイブン行方不明から1日も経過していないのにオリヴィエが「中央にそろそろ連絡しなければ」と言った違和感も解消される。
 
えーと…………ついてこれてます????(笑)
 
 
まあ、そんなわけで、年表の方もそんな風に書いてます。
さらに同時進行のリザとロイのエピソードもねぇ。
N日とM日とすべきなのか。N+1日とM日とすべきなのか。
ともかく、時間が行きつ戻りつ激しくて、何と何がどのタイミングで同時進行で、何が何の後のエピソードなのか。
分かんないんですよー。

年表見ると分かると思いますが。
 
すごいぐちゃぐちゃです。 
 
これ、きっと牛様、時系列の一覧作ってるよ。
そうでなきゃ描けないって。どこかで齟齬が出るもん。
でなきゃ、すでに絵コンテが出来上がっていて、それをあーだ、こーだと入れ替えているかもね。
 
これがミステリなら、アリバイ崩しだやね。「空白のN+1日」とか言ってね、恰好の素材だわ。
うん。多分断言出来る(多分がついたら断言と言わないのでは??)と思う(さらに弱気だよ・笑)。
マリア・ロスの時と同じだね。
これは、意図的に。
読者に時系列を混乱させる為にこういう描き方をしている。そう思うゾ。
  
読むだけだと、なんか話があっちいったりこっちいったりしてるなぁくらいしか思わないと思うんですよ。
でもね、自分、たかが3話分の年表をまとめるのに、4・5時間とか平気でかかってますから。
何度、入れ直し、打ち直し、をしたことかっ!
  
そんなわけで。
今回の更新、かなり曖昧です。分かり次第がしがし直す可能性大有りっす。
間違っていても怒らないでね(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/01/12

ガンガン2007年02月号 鋼の錬金術師第67話「この国のかたち」 ネタバレ感想1

ブログピープルの記事検索ワードランキングの2位でしたよ。「鋼の錬金術師」。
今はもう、22位に落ちたけど。
いつも、ピーとかピーが1位、2位をしめてるのに。一時的とはいえすごいっ。
みんな気が早っ(笑)。
と・い・う・わ・け・で。以下途中までだけどネタバレ感想です。
 
 

  
よっしゃ。
キターーーーーーーー!!!!
キタ、キタ、キタ、キタ、キタッ!!!!!
もう、まさに、ジェットコースターのテッペンに昇りきったきった気分ってでもいうの?
(いや、高所とスピード恐怖症なんで乗れませんが)
今まで先が読めなかったのが、ここに来て一気に見えてきたっつうか。
うわー、うわー。すっげー。超絶楽しいっ。
もう、待ってましたって感じ。
いやん、鋼ってばやっぱ最高。


■本(多分文庫?)を読むアル
か、可愛い~。あんなちんまい本を手錠につながれた手で読んでる~。
ところであの手錠。両端が明らかに今さっきぶった切って即席で作りましたって感じがナイスです。牛さま芸が細かい~。

■「察してくれ」
うわーい、オリヴィエ姐さん、人質まで汲み取ってくれてたぁ~。
やっぱカッコいいよこの人。
「察してくれ」にちゃんと意味はありましたね>のわこさま
大総統までは、勘ぐりだったけど(笑)。
前回、私だったら袋叩きと書いたけど、オリヴィエ姐さんだったら…斬るんだ・・・。

■「力を貸して欲しい」
もしかして初めて? いつも自分達だけでなんとか使用としていたエドがこんな風に人に頭を垂れてお願いするなんて(いや、頭は下げてないけど)。
もうほんと成長してくよ、このこは。

■合同訓練
実はこれ、ちゃんと伏線あったんですよ。
BLUEについてた小冊子のマンガあれの最後のページ、ジャンが北方司令部との合同訓練を申請してます。そのうち使うだろうと思っていたけど、こんなに早くとは思わなかったわ。

■ライバルが減っていいな
これ、ある意味、少将にとっちゃ最大限の褒め言葉なのでは?
リザやジャンは自分の部下として使えそうだから失くすのに惜しいんでしょ?
ロイは自分にとって目の上のたんこぶになりそうな存在だから、どうでもいいし、失脚して欲しいってことだものね。無能なら失脚を望む必要すらないはずだもの。
大佐、がんばれー。
あれ? もしかしてじゃあファルマンも、少将がブリッグズに引き抜いたのか、も?
あの知識量に対して、特に驚きもなく当たり前のように反応してる。
もしかして。知ってた?

■「全国、あとコンパスも」
なんかこのシーンすごく好きなんですけど。萌えるっ。
アルが路線の行方を確認して、エドがそれを見て地図が必要なことを察して、アルが更にそれに補足を加えて。相手の行動を自分の事のように分かりきってるのが。うきゃーです(笑)。

■方程式
特に、ファルマンの台詞にはありませんでしたが、地図に書かれた1908年は勿論、イシュヴァール殲滅戦開始の年です。

■建国後すぐ
ここが重要。
1558年リヴィエラ事変が。建国後すぐ。クセルクセス崩壊も、建国後すぐです。
とりあえず、過去の部分だけ追加修正してアップしなおしました。年表。そちらを参考してね。
建国後すぐ、クセルクセスが崩壊してそこの生き残りとされる東の賢者がアメストリスに現れ、その後プライドとラストが誕生している。
そしてリヴィエラ事変も建国後すぐ。
果たしてどちらが先なんだ???

そしてクセルクセスのあの遺跡。
五角形に面した5つの太陽は魂、円に面した月は精神だとエドは言っていた。
今回エドが地図に書いた錬成陣を見ると、中の五角形の角はラースが生まれる以前のもので、外の五角形と円の接点にあたる場所は、ラースが大総統就任以降というのも興味深い。
メイ・チャンの台詞「たくさんの人が蠢いている感ジ」というのも気になる。
ラースが生まれる前は、地に、賢者の石の成分とすべく「生きた」人間の魂を埋めていた?
なら、精神はどうやって配置するのだろう?
エドの解釈では、精神は魂と肉体を繋ぐもの。
イシュヴァール殲滅戦
第二次南部国境戦
リオール
西のペンドルトン
どれもまだ生きて肉体を持った人たちがいる場所だ。
そこに留め置く必要があるとか?
イシュヴァール殲滅戦だって、殲滅戦と言いつつ生き残った人がいる。いやでもそれは偶然生き残れただけで、ラースの本来の意図とは違ったはず。
やっぱりラースの意図は人の死だ。
なら、死体であってもそこに肉体があれば、精神は存在しているとでも?
うーん、謎がつかめそうでつかめないっ。

とりあえずタイムアップ。
続きはまた今度。時間のとれる時に。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007/01/08

年表更新しました

2007年1月号分まで年表を更新しました。
こちらから見れます。

使用上の注意は以下の通りです。

●エクセルファイルの為、エクセルがインストールされている環境のみ閲覧可能です。
●黄色のセルに太字で入っているのが、いわゆる年表っぽい記載内容です。アメストリスの世相として認知されている事柄のみ。なので、ホムンクルスや、大佐が暗躍している部分の掲載はしてありません(多分)。
●各個人の大きな出来事と判断したものは青太字にしてあります。
●左右のカラーは、コミックスのタイトル文字に近い色にしてあります(巻数は右側にあります)。コミックス未収録分はグレー。
●色セルの上に、「?/?」や「↓」は矢印の連なっている部分は全て同じ日の行動です。ただし、月日の掲載がほとんどないので、空の状態や影の長さを見て判断しています。おかげで雨の日は無能です(笑)。
●今見える形だと、「エドとアル」、「人造人間」、「軍」、「イシュヴァール」、「実験体」、「リぜンブール」、「ダブリス」、「シン国」の8にカテゴライズされていますが。実際にはキャラクターごとにセルを別けて掲載しています。
見たい場合は、「再表示」プラス「セル幅」を調節して表示させてみてください。
●大きな更新の際はお知らせしますが、小規模なものについてはお知らせせずに更新することがあります。また更新時は、追加だけではなく修正も行っていますが、どこがどう変わったお知らせできません(細かすぎて)。ご了承ください。
●そもそも自分用に作成したものなので、他人が見て見やすいかなぁ??? です。
●それでも良いという方は、ダウンロードしていただいて構いませんので、取り扱いはご自由にどうぞ。
●改造も自由です。
●でも、何か誤りがあっても保障出来ません。ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/12

鋼の年表を公開してみたり

今月分はまだ入れていませんが、とりあえず完成しました。
見てみたい方はこちらをどうぞ(エクセルが入っていない環境では見れません)。

黄色のセルに太字で入っているのが、いわゆる年表っぽい記載内容です。
アメストリスの世相として認知されている事柄のみ。
なので、ホムンクルスや、大佐が暗躍している部分の掲載はしてありません(多分)。

それ以外は、すべて個々人の動きです。

左右のカラーは、コミックスのタイトル文字に近い色にしてあります(巻数は右側にあります)。コミックス未収録分はグレー。
色セルの上に、「?/?」や「↓」は矢印の連なっている部分は全て同じ日の行動です。
ただし、月日の掲載がほとんどないので、空の状態を見て判断しています。おかげで雨の日は無能です(笑)。

今見える形だと、エドとアル、人造人間、軍、イシュヴァール、実験体、リぜンブール、ダブリス、シンの8つに別けられていますが。
実際にはキャラクターごとにセルを別けて掲載しています。
見たい場合は、「再表示」プラス「セル幅」を調節して表示させてみてください。

そもそも自分用に作成したものなので、他人が見て見やすいかなぁ??? 心配ですが。

私が何をしたかったかというと、

・どのコミックスにどのエピソードがあるか知る為の早見表が欲しかった
・開始からどのくらいの月日が経っているのか調べたかった
・謎解きの為のキャラクターのアリバイを調べたかった

所詮ミステリファンの作るものですから(^^ゞ。
それ以外の為に使用するには色々不便かもしれません。ご了承ください。

ご入り用の方はダウンロードしていただいて構いませんので、取り扱いはご自由にどうぞ。
改造も自由です。
でも、何か誤りがあっても保障出来ません。ごめんなさい。
また、これは絶対間違っているとか、こうやれば見やすいのに、なんていうのがあったらこっそり教えていただけると嬉しいです。

ガンガンの感想はまた後で。

| | コメント (8) | トラックバック (1)